めざせ個展/出展作家紹介

現在ナダールで開催中の「めざせ個展」も、いよいよ残すところあと3日となりました。テーマも個性も全く異なる作品が出展されているので、誰に投票するか悩まれるお客さまも多いようです。

ギャラリーでは、投票の参考にしていただけるようにと、出展作家のプロフィールや作品PRをご紹介するリーフレットをお配りしていますが、その内容をここでご紹介させていただきます。(敬称略)


井上亮
作品タイトル : 「あのときのにじ」

1977年生まれ。新潟県出身。東京都在住。ペットとして一緒に暮らしているオカメインコの写真を撮るために一眼レフを購入。しばらく家族写真を撮影していたが、2014年の年末にフィルムカメラを手に入れ、作品を意識して撮影するようになる。

撮るものは特に決めず、その時に見たいもの、残したいものを切り取っています。それは、私が生きてきた中での琴線に触れている"もの"かもしれません。それを見た人が共感し、何かを思い起こさせるような写真を目指しています。

【WEB】 http://ryoedge.com/


金子美香
作品タイトル : 「ALIVE」

人を撮るのが好きです。今回は撮り溜めたよさこいの写真を出します。

笑顔で激しくひたむきに踊る踊り子に惹かれました。大旗を巧みに振る旗士に惹かれました。目標を持って生きる姿に共感し、写真に向き合うパワーを頂いています。よさこいを撮ることは自分の心に向きあうこと。彼らのよさこいへの情熱と私の写真への情熱が重なるのです。

【WEB】http://photokioku.exblog.jp/


kyon。。
作品タイトル : 「一期一会という名の笑顔」

一 期一会とは一生に一度だけの機会。生涯に一回しかないと考えてそのことに専念する。沢山の出会いと別れ。そこには計り知れないほどの感動がある。どんな出 会い方でも出会ったことにはかわらない。この出会いを無駄にしないためにも。ほとんどの人が一度だけの出会い。だからこそ大切にしよう、この出会いを。素 晴らしい笑顔と出会う為に私は撮り続けるだろう。私を魅了してやまない笑顔のために。


kozuphotojack
作品タイトル : 「ここは神の島」

私 は東京都にある神津島という島で育ちました。普段は主に星空を撮影し、神津島を多くの方に知ってもらいたく写真展やSNSを通じて島の魅力を発信していま す。神津島は本土(東京)から高速船で3時間45分、飛行機では35分の距離にある、通称ダイヤモンドアイランドと呼ばれる島です。白い砂浜と透明度の高 い海により、夏は海水浴を楽しむお客さんで賑わいます。夜は街灯の少なさから満天の星が広がり、一年中天の川を眺めることができます。また、神話の一つ に、伊豆七島の神々が水の分配方法を会議した島と伝えられています。個展を開けた際には、島の様々な場所で撮った星空を展示し、更に多くの人に神津島の魅 力を伝えたいです。

【Instagram】 kozuphotojack
【Facebook】https://www.facebook.com/pages/Kozu-phot-jack/775278799208736


蔡佩穎
作品タイトル : 「旅」

台湾からの留学生です。
一人旅が大好きです。
気持ちによってカメラとフィルムを選び、
自分の世界に入り込みます。

【Instagram】ka__iho__y


千葉綾子
作品タイトル : 「ふたり。」

Leica M3で写真を撮ります。モノクロで撮ることが多いですが、カラーも好きです。撮るのはストリートが多いと思います。写真を始めて、1年ちょっとなのです が、最近、写真は時間を止めるのが、すごくいいなぁと思います。今この瞬間は、今しかなくて、それが何年、何十年と経った後に、とてつもない宝物になる。 それは、身近な人でも、行き交う人々でもいい。だから、私はストリートが好きだなぁと思います。今回の作品は、すごく自分らしい展示になったと思います。 人が好きなので、これからもたくさん人を撮っていきたいです。"もの"かもしれません。それを見た人が共感し、何かを思い起こさせるような写真を目指して います。

【Twitter】 @leica_girl
【Instagram】 hanamochi91


寺田まゆみ
作品タイトル : 「Dreaming」

千葉県在住

その冬、雪は消えぬ間に三度降った。土は雪と凍った雪解け水に覆われ、そこにある草とともに眠っているかのように見えた。

今回は、大四切を6点展示いたします。
過去の展示のブックもございますので、宜しければご覧ください。

【Instagram】 tegappa


藤本昇
作品タイトル : 「想い」

普段は感じるままに撮るスタイルですが、自分が撮った一枚の写真がきっかけになり、表現したいことやテーマを決めました。

素直な気持ちで見てくだされば嬉しいです。

【Instagram】 basic50


山田康祐
作品タイトル : 「国道126号(成東~東金)」

はじめて見る風景にどこか懐かしさに似たものを感じることがある。恐らく、それは自己のイメージに適った風景に出会えた瞬間である。ただ、ひたすらにそのイメージを具現化する行為が、今私が写真を撮る理由である。今回は国道126号(成東~東金)を撮影した。

山田 康祐  1990年生まれ
大学在学中より写真活動をしています。現在、会社員。

【WEB】 https://kosuke8ryupolicy.wixsite.com/flashback


山本淳
作品タイトル : 無題

31歳 三重県在住
2010年から木や花など自然の風景を撮り続けています。

【Instagram】 camera.to.sk8




個展開催者はみなさんの投票で決まります。ぜひお越しいただき、お気に入りの作家さんに投票してください。土・日は、在廊される出展者の方も多いですので、 直接作品についての話を聞くこともできると思います。なお、最終日の展示終了時刻間際(4/2 15時〜16時頃)はお客さまが混み合う可能性もございますので、よろしければお時間に 余裕をもってお越しください。皆さまのお越しをお待ちしております。

2017-03-30 20:11 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 ))



最近のおすすめ記事



● ナダールスタッフ日記の購読はRSSとTWITTERが便利です





Trackbacks

Trackback URL