【チラ見せ♪写真教室 #02】光には色がある!?

「女性による女性のための写真教室」の授業内容をチラっとご紹介する【チラ見せ♪写真教室】。2回目の今回は、光の色合いについて。

光は、光源によって色合いが異なります。例えば、白熱灯はオレンジっぽい光ですし、日中の太陽光は白っぽいですよね。光の色合いが異なれば、写る写真の色も変わってしまいます。そこで、デジタルカメラには、ホワイトバランスという光の色を補正する機能が備わっています。

下の写真は、白っぽい壁とベージュ色の扉の部分を撮ったものです。左が、白熱灯電球の下で撮ったもの。かなりオレンジっぽく写りました。右が、ホワイトバランスの設定を変更して補正したものです。実際の色は、これに近いです。

sample_wb

ホワイトバランスを変えることで、このように写真の色味が変わります。この機能は、実際の色に近づけるために使うだけではなく、自分のイメージを写真に表現するために使うこともあります。例えば、、、

この写真と、
sample_wb_2

この写真。
sample_wb_1

最初の方は、明るく暖かい雰囲気で、ランチっぽい感じですよね。2枚目の方は、しっとり静かな雰囲気で、何となく朝っぽい感じにも見えます。実際には、どちらも同じ時間に撮ったものですが、色が違うだけでこんなにも雰囲気が変わるものなのです。

写真は、必ずしも実際の色に忠実に撮らないといけない訳ではありません。自分の感じた印象を写真に表すことが大切です。あなたには、その光景がどのように見えたのか。それを伝えられるのが、写真なのです。



【チラ見せ♪写真教室】バックナンバー
・第1回 絞りって?シャッタースピードって?

2016-10-25 19:13 by:早苗 (TOKYO ( 教室・イベント・WSのご案内 ))



最近のおすすめ記事



● ナダールスタッフ日記の購読はRSSとTWITTERが便利です





Trackbacks

Trackback URL