2017-08-27

【どこでもナダール vol.1】松本で写真を売る事について考える展@Parades Gallery

東京は8月後半に入ってから、思い出したように暑さが戻ってきましたね。長雨&冷夏も困りますが、猛暑はやはり身体にこたえます。来週後半もう9月。そろそろ、暑さも和らいでくることを期待してしまる、店長サナエです。

さて、東京・南青山のギャラリーではナダールの夏恒例の写真展「HOLGA EXPO 2017」を開催中ですが、実は、もう一つ別の写真展が、長野県松本市にて開催中です。

松本で写真を売ることについて考える展

ナ ダールが東京のギャラリーを飛び出して、様々な楽しい企画を開催していく新プロジェクト「どこでもナダール」の記念すべき第一弾!松本のParades Gallery(パレーズギャラリー)さんで、写真展「松本で写真を売る事について考える展」を開催しています。この写真展では、ナダールに集う作家14 名が、写真を売るってどういうことなのかを考え、作品の仕様や値段についても“販売すること”を前提に仕上げた作品を展示・販売しています。

パレーズギャラリー_写真展

なぜ松本なのかというと、民芸やクラフトワークが根付いた街であること、そして、わたくしサナエが惚れ込んでいるお気に入りの街だから、です。松本は、 澄んだ水が流れる水路と井戸が街中にあって美味しい水を飲むことができたり、古い街並みが残っていたり、新しいものと古いものがうまく融合したおしゃれなお店もたくさんあります。蕎麦や馬刺などの信州グルメも美味しいですし、バーの街でもあるので、夜にゆっくりお酒を楽しむこともできます。それに、何と言っても、街をぐるりと囲む山並みが美しく、写真を撮りながらお散歩するだけでも楽しいところなのです。

そんな素敵な街での写真展。その様子をちらっとご紹介させていただきます。
≫ 続きを読む


2017-08-27 19:05 by:早苗 (TOKYO ( 開催したイベント等の様子 , 写真展 , 教室・イベント・WSのご案内 )) | トラックバック(0)

2017-08-23

「HOLGA EXPO 2017」始まりました。

「HOLGA EXPO 2017」始まりました

ナダールでは、本日より「HOLGA EXPO 2017」が始まりました。24名のHOLGA作品をご覧いただけます。(上の写真は、設営作業をお手伝いくださった出展者の皆さま。)

今年もやってまいりました、ホルガの祭典・HOLGA EXPO!!トイカメラの王様と言われるHOLGAですが、フィルムのHOLGAは2015年に生産終了となってしまいました。ですが、今もHOLGAを愛用している方は大勢いらっしゃいます。個性的な写りの面白さだけではなく、カメラの個性と作家の個性が重なり合って描き出される唯一無二の世界観が、HOLGA作品の魅力の一つかもしれません。自由な表現の一つとしてのHOLGA作品を、どうぞご覧ください。


2017-08-23 14:21 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2017-08-09

三橋康弘写真展「今日も鉄道日和。」始まりました。

三橋康弘写真展「今日も鉄道日和。」

ナダールでは、本日より三橋康弘写真展「今日も鉄道日和。」が始まりました。

鉄道写真というと、昔から写真の大ジャンルの一つです。高速で動く被写体を撮影するにはそれなりの技術も必要ですし、撮りたい鉄道があれば遠くまで足を運ばなければならないし、撮影マナーにもしっかり配慮しながら、狙った電車が通るまで長時間待つ、、、なんてこともあります。ですから、鉄道写真というジャンルに、ちょっとハードルの高いイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな鉄道写真のハードルの高いイメージを打ち破って、もっと身近にその魅力を感じてもらいたいとの想いから、今回の展示している作品は、皆さんにもお馴染みのInstagramのアートフィルターを使って仕上げたそうです。Instagramらしい真四角のトリミング、アートフィルターによって軽やかに、あるいはカッコよく仕上げられた作品は、鉄道ファン以外の方にもきっと気に入っていただけると思います。ぜひご覧ください。

なお、本展の会期は13日(日)16時までとなっています。5日間のみの短い会期ですので、お見逃しのないよう、どうぞお気をつけ下さい。皆さまのお越しをお待ちしております。

※本展終了後、14日(月)〜22日(火)まで、ナダールは夏期休廊となります。ご了承ください。


2017-08-09 13:37 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2017-07-26

「n.p.s. Photo Exhibition vol.41」始まりました。

「n.p.s. Photo Exhibition vol.41」出展者

ナダールでは、本日よりn.p.s. Photo Exhibition vol.41」が始まりました。

この展示は、ナダールの人気講座「女性による女性のための写真教室」の基礎コース修了生有志12名による写真展です。作品のテーマ、展示する写真のセレクト、レイアウトや展示方法など、すべて 自分で決めて作品を仕上げていくことは、彼女たちにとっても大きなチャレンジでした。たくさん迷い、悩んだ成果が、展示に現れています。沢山の方にご覧いただきたいです。ぜひお運びください。


2017-07-26 14:51 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2017-07-12

「珈琲の時間、お酒の時間」始まりました。

「珈琲の時間、お酒の時間」始まりました。

ナダールでは、本日より「珈琲の時間、お酒の時間」が始まりました。

珈琲を飲む時間、お酒を楽しむ時間。それは、とてもプライベートな時間。だからこそ、そこには様々な物語が生まれます。16名の出展者それぞれの物語、ぜひゆったりとお楽しみください。そしてその時間が、ご覧いただいた方自身の物語へと繋がっていってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。皆さまのお越しをお待ちしております。


2017-07-12 14:13 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2017-06-14

「なだ鉄」始まりました。

なだ鉄_2017

ナダールでは、本日より「なだ鉄」が始まりました。2015年から年に1度、3回目の開催となる今年も、鉄道写真家・米屋こうじさんにゲスト作家としてご参加いただいての開催です!

「なだ鉄」とは、ナダール的鉄道写真展の略です。ナダール的と付けたのは理由があります。写真歴も、写真の楽しみ方も、被写体も、様々で色んなものがあるのが良い!楽しいのが良い!というナダールの想いを、この鉄道写真展にも込めているからです。鉄道写真と聞いて思い描くイメージ、何となく固まってしまっていませんか?でも、鉄道をテーマにした写真にも、色々あるのです。鉄道は、暮らしであったり、旅であったり、記憶であったり、季節の移ろいであったりします。鉄道だからと言って、車輛にフォーカスした写真ばかりではありません。人の暮らしのないところに、鉄道はありません。必要としている人のいるところに、鉄道はあります。なだ鉄の作品を見ていると、そんなことを感じます。鉄道ファンの方はもちろん、そうでない方にも、ぜひご覧いただければ嬉しいです。ぜひお運びください。

なお、会場では、ゲスト作家・米屋こうじさんの新刊フォトエッセイ『ひとたび てつたび』(1600円)や写真集『I LOVE TRAIN アジア・レイル・ライフ』(2200円)、米屋さんの写真を使った缶バッジ(各400円。絵柄は12種類!)も販売しています。

米屋こうじさん書籍・写真集・缶バッジ 販売中!

ご希望の方は、スタッフまでお気軽にお申し付けください。


2017-06-14 16:41 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2017-05-31

「名刺判写真展」始まりました。

名刺判写真展始まりました。

ナダールでは、本日より「名刺判写真展」が始まりました。

名刺判写真とは、8.3cm×6cmという小さなサイズの写真のことです。写真展と言えば、大きく伸ばした写真を展示する方が多いかもしれませんが、この展示では、あえて大きく伸ばさない、というところにこだわっています。作品は、様々なフレームを使って額装してあり、小さいながらもしっかりと見応えのある展示になっています。毎年好評の展示ですが、今年も約50点の作品が揃いました。ぜひギャラリーにて直接、小さな作品の魅力を感じてください。皆さまのお越しをお待ちしております。

そうそう、
≫ 続きを読む


2017-05-31 14:06 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»