2006-08-19

たのしい打上げ2

先週末、休廊中のNADAR/SHIBUYA355で、うちの生徒さん限定のピンホールのワークショップをやりました。写真はその打上げ。アシスタントをしてくれた久保さん(向かって左)と長島さん(右)です。かわいい女の子のに囲まれ幸せ。でも、話題は「人生どう生きるか」でした、。
kubokana


2006-08-19 13:25 by:林 (TOKYO ( 開催したイベント等の様子 )) | トラックバック(0)

2006-08-15

デジタルカメラがやって来た

知り合いからデジタルのコンパクトカメラを安値で売ってもらいました。
銀塩LOVE派だったのですが、人のを借りたりしているうちに、自分でも
欲しいなぁという気がして買ってしまいました。撮ってすぐに見れるなん
て、「どんなのが撮れてるかな〜」と待つ楽しみがないし〜とか思ってた
のに、すぐに見れるってことがこんなに楽しく便利だとは・・(今更)。
色々試し撮りができるのも楽しいですし「撮りたい・・けどフィルムがな
い・・」なんてことがないので(そんなことがあっちゃダメ?)ありがた
いです。しかし写真は機材を変えたり、フォーマットを変えたり、という
ことで気分転換ができるのでいいですよね〜。飽き症の私が長年続けられ
ているのもそこが大きいと思います。新しいカメラを使うたびに,新しい
被写体を見つけるたびにワクワクしますからね。ちなみに今週・来週はH
OLGA展なので「HOLGAいいなあ・・」なんて目移りしそうになってます。
こうやって色々まわりまわって、一生写真を撮っているんだろうなと思い
ます。万歳!


2006-08-15 14:24 by:宇野 (STAFF ( 元スタッフ )) | トラックバック(0)

2006-08-12

部屋を掃除していて、そういえば埃ってそもそも何?と思って調べてみました。
まずは「ほこり」で検索してみました。普段、人間の目に見えるものは、綿ほこり、ペットの羽毛、花粉、ダニの死骸、菌・胞子など。これらは舞い上がって30分も経てば、また床に落ちるらしい。次に「埃」で検索したら、こんな結果が出てきました。
数の単位。1の100億分の1。ただし、この場合は「あい」と読むらしい。へえ〜。というか1の100億分の1のものが存在するのがすごい。そう考えると1ってデカいんだな。


2006-08-12 01:42 by:山下 (STAFF ( 元スタッフ )) | トラックバック(0)

2006-08-10

楽しい打上げ

8月4日に行なわれた、「ナダール・トーク・サロン」終了後、参加者の皆さんも交えて、打上げにいきました。深夜まで、伝えなければならない事に関して熱く語りました。いまの社会の何処が悪いのか?なども。でも、一人一人はいい人なのに、集まると違った方向に行ってしまうこともありますよね。なぜ?なんでしょう?


2006-08-10 20:14 by:林 (STAFF ( 林和美 )) | トラックバック(0)

2006-08-08

夏本番!

高校野球が始まり、毎日うずうずしています。毎年1回は見に行くのですが、今回は行ける日がなさそうで悔しいところです。どこかを特別応援しているという訳ではないのですが、やはり気になるのは北海道の駒大苫小牧です。不祥事続きなので、なんとか汚名を晴らしてほしい!
あと、3年前に甲子園で出会った親子がいるのですが、その息子さんが今たぶん高3で、予定通り行っていたら愛知の愛工大名電の野球部にいるはず?なんです。なのでここ数年は名電が出場する度に補欠まで名前をチェックしているのですが、今回も発見できず・・。もし入っていたとしても強豪校なので補欠入りすら難しいとは思うのですが・・。ちょっと気になっていることです。写真を撮っていると、おっちゃんらに「姉ちゃんプロか?」「あの選手のファンか?」などと言われ「いや、違うんですよ」って話しているうちに「打たせてくると思うか?」「いや、ここは送るでしょう」などと結構話し込んでしまったりもします。甲子園はそんな触れ合いも楽しい場所ですので、興味がある方はぜひ生で見るべき!


2006-08-08 19:31 by:宇野 (STAFF ( 元スタッフ )) | トラックバック(0)

2006-08-07

日本以外全部沈没

映画『日本沈没』が大ヒット上映中だそうですが、ツツイストな皆様の本命はこちらじゃないでしょうかッ!


日本以外全部沈没

地球規模の地殻変動で、日本を除くほとんどの陸地が海没してしまった。各国の大物政治家はあの手この手で領土をねだり、邦画出演を狙うハリウッドスターは必死で日本語を学ぶ。生き残りをかけた世界のセレブに媚びを売られ、すっかり舞い上がってしまった日本と日本人だが…。


1973年度星雲賞において長編賞を受賞した小松左京・著『日本沈没』のパロディでありながら、同年の星雲賞短篇賞を受賞した筒井康隆・著『日本以外全部沈没』が映画化。初秋レイトショーとのこと。
村野武範と藤岡弘、が特別出演!
毎度のごとく、筒井康隆ご本人も特別出演だそうです。

詳細は、http://www.all-chinbotsu.com/をどうぞ。


2006-08-07 15:36 by:橋本 (STAFF ( 橋本大和 )) | トラックバック(0)

2006-08-05

しゃしん

「生きるというのは本当に大変なことだ」(今の僕はとてもじゃないけど、こんな言葉軽々しく言えませんが)いいときもあれば、悪いときもあるのだし。そして社会はそんな自分を待ってはくれないのだし。今日はナダールで、そんなとき写真によって人生が変わったという人の話を聞きました。「人生が」というと少し大げさかもしれませんが、いきいきと話すその人たちの様子を見ていて、これは間違いなく人生が変わったのだなと。写真を撮るという行為。それは世界に対して自分を開くということ。僕は写真と出会って何が変わったのかな、などと考えてみる。


2006-08-05 00:55 by:山下 (STAFF ( 元スタッフ )) | トラックバック(0)

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 || Next»