2016-12-23

【女性のための写真教室】仲良し受講キャンペーン!

nps 2017年1月期 受講生募集中

新しい年の始まりに、新しい習い事を始めてみませんか?

写真専門ギャラリー・ナダールは「写真を楽しむ女性のそばに」をモットーに、「女性による女性のための写真教室」を 開講しています。先生も女性、生徒も女性ばかりだから安心。これから始めたい方はもちろん、なかなか自分の思い通りの写真が撮 れない方、今の写真教室が満足いかない方にも。フィルムカメラからミラーレスカメラ、コンパクトカメラ、デジタル一眼レフまで、カメラの種類を問わずご参加いただける初心者の方向けの写真教室です。

今回、「仲良し受講キャンペーン」として、お友達やご家族、会社の同僚などと一緒にご受講いただくと、お二人それぞれに1000円分のヨドバシ商品券をプレゼント!というお得なキャンペーンをご用意いたしました。

◉ 仲良し受講キャンペーン
お友達やご家族、会社の同僚などと一緒にご受講いただくと、お二人それぞれに1000円分のヨドバシ商品券をプレゼント!

※キャンペーンの適用についてのご注意
仲良し受講キャンペーンは二人それぞれからのお申込みが必要となります。お申込み時に、お申込みフォームの「お問合せ内容・ご質問内容等」欄 に、「仲良し受講キャンペーン」の旨と、一緒に受講されるお友達の氏名をご記入ください。ご記入がない場合はキャンペーンを適用出来かねますのでご了承ください。

ヨドバシ商品券は、お二人ともの受講料のお支払いが完了後、初回の授業の際にお渡しいたします。他のキャンペーン、サービスと重複は出来ません。  

お申込み締切り:2017年1月13日(金)


写真教室の日程、カリキュラム等の詳細、お申込みについては、下記URLよりご確認ください。
http://nadar.jp/tokyo/school_nps/


2016-12-23 19:10 by:早苗 (TOKYO ( 教室・イベント・WSのご案内 )) | トラックバック(0)

2016-12-20

「展示バカマスターズ」始まりました

展示バカマスターズ

ナダールでは、本日より「展示バカマスターズ」が始まりました。

2012年から毎年開催してきた「展示バカ」展に、過去3回以上出展したことのあるベテラン10名による展示です。いつもの「展示バカ」では、作品は一人1点という決まりなのですが、マスターズにはその規定がありません。それぞれ割り振られたスペース内に、枚数もレイアウトも展示方法も自由に表現していただいています。1点で見せるのとはまた違うものが伝えられるのではないでしょうか。ぜひお運びください。

なお、本展は、本日から年明け1月8日(日)までの年跨ぎ開催です。ただし、年内の営業はクリスマス(12/25)まで。12月26日(月)〜2007年1月5日(木)は年末年始休廊となりますので、ご注意ください。



2016-12-20 17:00 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2016-12-06

「展示バカ 2016」始まりました

展示バカ 2016

ナダールでは、本日より「展示バカ 2016」が始まりました。

展示バカとは、展示する楽しさの虜になった人たちのこと。そんな30名の展示バカたち(&ナダールスタッフ2名)が、一人1点、本気の作品を展示しています。2012年から毎年、ナダールの冬の恒例となっている「展示バカ」。今年もぜひご覧ください。

ちなみに、出展者は、在廊の際は展示バカTシャツを着ているはず(!?)です。作品についてや、展示の醍醐味など、ぜひお話ししてみて下さいね。皆さまのお越しをお待ちしております。


2016-12-06 15:12 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2016-11-23

【12/11(日)開催】Barナダール x スナック畔 vol.2 参加者募集!

バー・ナダール&スナック畔


12月11日(日)、浅草橋の写真企画室ホトリさんとのコラボ企画「Bar NADAR × スナック畔」vol.2を開催します!

「Bar NADAR x スナック畔」のテーマは「フォトブレスト」。楽しく飲んだり食べたりしながら、写真のことをおしゃべりするイベントです。

スナック畔のsaorinママ&Bar NADARの早苗ママが、あなたの写真を導きます!

バー・ナダール&スナック畔 開催風景

ポートフォリオやプリントなど、ご自身の作品をお持ちいただき、写真でやりたいことや夢を語ってみたり、作品について意見を交わした り、写真に対する熱い想いをアピールしたり。一般的なブレスト(ブレインストーミング)のルール通り、批判(中傷)禁止!写真についてのあれやこれやを、楽しく飲みながら語りませんか?

前半は参加者によるアピールタイム、後半は食べ&飲みながら参加者同士が自由に交流できるフリーパーティー形式のため、写真好き同士のつながりができます!

バー・ナダール&スナック畔 開催風景

もちろん、今回もおいしい飲み物と手作りのおつまみをご用意してお待ちしています!もちろん、ソフトドリンクもご用意しますので、お酒が苦手な方もお気軽にご参加ください。

◉前回の開催レポートはこちら
http://blog.nadar.jp/index.php?itemid=2636

このイベントは、予約制です。お申込みは、ナダールにて受け付けています。以下の通り、メールにてお申込みください。(前回に引き続き2回目のご参加も大歓迎です!)

Bar NADAR × スナック畔 12/11(日)

◆日時:12月11日(日)19時~21時半(2時間半程度)
◆参加費:2,000円(ドリンク飲み放題・食べ物付)差し入れ大歓迎!
◆場所:写真企画室ホトリ(〒111-0053 台東区浅草橋5-2-10)
◆定員:10名程度
◆お申込み方法: メールでお申込みください。
メールアドレス:tokyo-info@nadar.jp
タイトルを「バー&スナック申込み 12/11(日)」とした上で、以下の項目のご記入をお願いします。
・氏名
・携帯連絡先

※当日はzineや写真集、ポートフォリオなどなんでもOKですので、写真で見せたい、語りたい作品をお持ちください。


2016-11-23 15:27 by:早苗 (TOKYO ( 教室・イベント・WSのご案内 )) | トラックバック(0)

2016-11-22

村上尚之展「Sea Surface」始まりました

村上尚之展「Sea Surface」

ナダールでは、本日より、村上尚之展「Sea Surface」が始まりました。

海面に生じるフォルムに注目したモノクロ写真のシリーズ。ミクロ、あるいは宇宙空間へのイマジネーションを掻き立てられたことが制作のきっかけになったという作品です。ずっと見つめていると、だんだんと距離感やスケール感が奪われて、吸い込まれていきそうな感覚になります。展示レイアウトや照明、BGMなど、こだわって作られた世界観を、じっくりとお楽しみください。

会期中は、作家の村上さんも、なるべく在廊されるとのことです。皆さまのお越しをお待ちしております。



2016-11-22 13:21 by:早苗 (TOKYO ( 写真展 )) | トラックバック(0)

2016-11-19

ナダール店長・早苗久美子写真展のお知らせ




手前味噌ではございますが、
ナダール店長・早苗久美子が、2016年写真公募企画「倉敷フォトミュラルf」の個展部門(http://arsk.jp/photomural/koten.html)で選出されました。そのご報告として、1日限りの写真展を開催したいと思います。倉敷アイビースクエア内アイビー学館 での展示を終えて帰ってきた作品をご覧頂けます。

早苗久美子「倉敷フォトミュラルf」個展部門選出ご報告写真展「モヤチッチ」
日時:12月4日(日)12:00から17;00まで (1日限定、時間も短いのでご注意下さい。)
場所:林和美写真画廊 (ナダールに入っているマンションの15号室です。)



作家作品コメント

 タイトルの「モヤチッチ」は造語です。何事にも確証がなくはっきりしない様子、形容しがたい苛立ちと不安を抱えてモヤモヤしている様を表します。この言 葉は、そのような状態に耐えきれなくなったわたしの口から突然発せられたのです。「あぁ~、もぅ、モヤチッチだなぁ」と。
 今、世の中にはポジティブな情報が溢れています。ベストセラー入りする自己啓発本、SNSで繰り返しシェアされる感動話、友人・知人が投稿する充実した 暮らしぶり。目標をみつけ、向上心をもって自分だけの唯一の道を邁進する。わたしもそんな生き方を望みましたが、ふと気がついたら、一体何に向かって進ん でいるのかわからなくなっていました。自分は何がしたいのか、どう生きたいのか、はっきり見えなくなった途端、景色が変わりました。霧がかかったように曖 昧なのに、明滅するようにサインを発しています。「進め」「止まれ」「ススメ」「トマレ」…。わたしは何の確証もないままに、そのサインの前に立ち、 シャッターを切りました。
 真剣に悩んでいるようには到底思えない「モヤチッチ」という言葉の響きが、得体の知れない苛立ちに覆われていた自分の中に、ストンと落ちていきました。モヤチッチなら、それを恐れなくてもよいはずだと思えるのです。


選者/写真評論家 飯沢耕太郎氏のコメント

不安や苛立ちを抱えて立ちつくすことは、現代人なら誰にでも覚えがあることだろう。早苗久美子さんは、そんな状態を「モヤチッチ」という巧みな造語で表現した。写真に写っているのは、日常の断片だが、それがこれだけ集まってくると「モヤチッチ」の気分が具体性を帯びて形をとり、見る者にもじわじわと伝染してくる。いたずらに感情に溺れることなく、ちょっと突き放すような撮り方もなかなかいい。


作者経歴

1980年 神奈川県横浜市生まれ
2008年より作品をつくりはじめる
2011年より写真家 林和美氏に師事
2012年より写真ギャラリーNADAR(東京・南青山)マネージャー
女性写真作家グループ「tones」メンバー

展示歴
2011年 NADAR/TOKYOにて 伊藤有子 早苗久美子 二人展「時のかたち」
2013年 monogramにて 個展「あのひと」
2015年 NADARにて 植田華菜子 早苗久美子 二人展「河岸に立つ」
その他グループ展多数






2016-11-19 20:49 by:林 (展示関係) | トラックバック(0)

2016-11-09

連立個展利用について

 



2017年より、1週間(水〜日曜)×2会期の連立個展のご予約が可能となります。


◉連立個展利用について(2017年1月〜)

通常は2週間(10日間)1会期のところ、連立個展利用の場合に限り、2週間の会期を1週間(5日間)x 2会期でのご予約が可能となります。
・使用期間:水曜日〜日曜日 × 2週(※連続した2週でのご利用に限ります)
・使用時間:12:00〜19:00 最終日は16:00まで
・搬入:初日3日前の日曜日 17:00〜19:00
・搬出:最終日 16:00〜17:00
・使用料:160,000円(80,000円x2会期、税込)

※連立個展利用は、2名1組でのお申込みに限ります。1名で1週間のみのご予約はできません。


2016-11-09 17:38 by:林 (全般) | トラックバック(0)

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 309 | 310 | 311 || Next»